[ Question / Title ]

マクロって何?

無料CADトレーニングのお知らせ [ Answer ]
対象バージョン
全バージョン

AutoCADは『汎用CAD』と呼ばれています。専用作図ツール(特定の分野の図面を作成するために特化したツール)が標準搭載されていないため、なかなか操作になじめない方も多いと思います。ですがAutoCADはカスタマイズ性に優れており『ユーザー個々が、職場の環境に合わせて自由にカスタマイズする』ことで大きな変化をもたせることが可能です。

図面作業の中で複数の決まったコマンドを繰り返し実行するような場合、『手を早く動かす事で解消』するのではなく『マクロを作成し、AutoCADに自動的に処理させる』ようにします。当然、手を早く動かすよりコンピュータが自動処理する速度の方が断然早く、積み重なった時間を比べればはるかに作業効率が変わってくるはずです。

作図例
一辺が100mmの正方形を並べて2個作成する。

このような図を作成する際にみなさんはどれだけの手間をかけていますか?下記のマクロをアイコンに割り当て、実際にマクロを実行させてみてください。

^C^C_rectangle;¥@100,100;_copy;L;;@;@200,0;
※¥は半角

いくらオペレーションスキルに長けているとはいえ、通常に図を作成するのと上記のマクロを利用するのを比べた場合、どう手を早く動かしてもマクロの自動処理には決して敵わないと思います。

上図のような単純な図を作成する事はあまりないかと思いますが応用はできるはずです。AutoCADは使用するユーザーに合ったカスタマイズを個々に行いより作業効率を向上させる必要があります。


AutoCAD / AutoCAD LT FAQ メニューへ戻る
※当社の稼働中スタッフ以外のCAD操作に関するご質問は受け付けておりません
CADセミナー・図面講習会のお知らせ 【学生歓迎!インターン・アルバイト】午前中や午後のみなど自由な時間で働けます!CADオペレーター 一般公募の仕事一覧




スタッフエントリー
クイックエントリーを頂いた後に本登録のご案内を差し上げます
登録からお仕事のご紹介・就業までの流れ 登録からお仕事のご紹介・就業までの流れ
ページ上部へ

3Dソフト