AutoCAD TIPS

※CAD操作に関して、当社の稼働中スタッフ以外のお電話やメールによるご質問は受け付けておりません

大きな図面を作業する際に表示画面の切り替えにかかる手間を軽減したい

[ Answer ]
対象バージョン:全バージョン


CADを使った図面作業は、表示画面の切り替えは頻度の高い操作となります。見たい部分を簡単に表示できるように表示関連の機能をきちんと使いこなせるようになるべきだと思います。モデル空間上で【ビューポート】コマンドは作業画面を分割することができます。


図面の端から端まで図形を移動・複写する際には左右に図面の左端・右端を表示させておけば簡単に作業を行うことが可能です。【上空表示】コマンドは画面上に小ウィンドウが表示させ、そのウィンドウ内には図面全体を表示させることができます。


また、小ウィンドウ内には作業画面に表示されている範囲が解るように矩形窓が表示されています。その矩形窓を移動させると作業画面の表示位置も移動されます。【ビュー管理】コマンドは表示範囲をいくつも登録しておけますので、登録したビューを呼び出せば瞬時に見たい部分に移動できます。

<< AutoCAD TIPS メニュー

PAGE TOP