AutoCAD TIPS

※CAD操作に関して、当社の稼働中スタッフ以外のお電話やメールによるご質問は受け付けておりません

規格用紙サイズ以外で印刷を行いたい

[ Answer ]
対象バージョン:全バージョン


横長の図面を印刷する際に、規格サイズの用紙以外を出力設定で割り当てるには出力先のプリンターのプロパティ変更を行う必要があります。印刷ダイアログボックスにある出力先のプリンタ・プロッタを選ぶプルダウンメニューの脇にある[プロパティ]ボタンをクリックしプロッタ環境設定エディタにある[カスタムプロパティ]ボタンをクリックします。


ここから先は出力機により異なりますが、用紙サイズの指定を行う項目が必ずあると思いますのでそちらから“用紙リストの編集”や“Free Size”、“ユーザ定義サイズ”といった名目で用紙サイズを指定サイズに変更できる項目を選びます。


用紙の縦方向のサイズ、横方向のサイズを指定します(図3)。ちなみに、各用紙の規格サイズは以下のようになります。
[用紙サイズ(A版)] ・A1 … 841×594 / ・A2 … 594×420 / ・A3 … 420×297 / ・A4 … 297×210


サイズの指定が終わったら[OK]ボタンをクリックします。“プリンタ環境設定ファイルの変更”ダイアログボックスが表示されます。
今回行った指定を一時的な設定にするのか、ファイルとして保存しておき、次回の出力で簡単にカスタムサイズの用紙を指定できるようにするかを選びます。


用紙サイズの欄には今回行ったカスタムサイズの用紙が割り当てられます。念のために必ず[プレビュー]ボタンより、出力結果のイメージを確認してから印刷を行ってください。

<< AutoCAD TIPS メニュー

PAGE TOP