AutoCAD TIPS

※CAD操作に関して、当社の稼働中スタッフ以外のお電話やメールによるご質問は受け付けておりません

ターゲットボックスがオブジェクトに重なると太線・点線表示になるが、この表示をなくしたい

[ Answer ]
対象バージョン:AutoCAD 2006~ / AutoCAD LT 2006~


AutoCAD 2006からターゲットボックスがオブジェクトに重なると、オブジェクトが太線・点線表示に変わるようになりオブジェクトを選択時にミスピックが起き難くなりましたが、場合によっては動作が鈍くなりストレスを感じることもあります。
そのような場合にはオプションから設定を変更し、太線・点線表示を行わせなくすることができます。[オプション](OPTION)コマンドを実行し、オプションダイアログを開きます。[選択]タブを開き「選択のプレビュー」の項目にある「コマンドがアクティブなとき」、「コマンドがアクティブでないとき」の両方のチェックを外します。
「視覚効果の設定」ボタンより「点線で表示」だけさせたり「太線で表示」だけさせることもできますし、より詳細に「ハッチングオブジェクトは無視」、「グループオブジェクトは無視」などの設定も行えます。

<< AutoCAD TIPS メニュー

PAGE TOP