[ Question / Title ]

Defpoints画層の用途って?

無料CADトレーニングのお知らせ [ Answer ]
対象バージョン
全バージョン
Defpoints画層…
▲図1 クリックすると拡大表示

図面作業を進めていくといつのまにか作成されているDefpoints(正式には“definition points”)画層。この画層は寸法オブジェクトを記入すると自動的に作成されます。

この画層には寸法オブジェクトの定義点が作成されます。定義点はAutoCADのシステムが必要とする情報が書き込まれるため図面上では特に意味を持ちません。このような理由からDefpoints画層は印刷されないように設定されています。

この特徴を活かし補助線(下書き線)の作成に用いるユーザが多く居ます。ですが、このような観点からすると補助図形はDefpoints画層ではなく別途「補助線」などの名称で画層を分けた方が良いかもしれません。


AutoCAD / AutoCAD LT FAQ メニューへ戻る
※当社の稼働中スタッフ以外のCAD操作に関するご質問は受け付けておりません
CADセミナー・図面講習会のお知らせ 【学生歓迎!インターン・アルバイト】午前中や午後のみなど自由な時間で働けます!CADオペレーター 一般公募の仕事一覧




スタッフエントリー
クイックエントリーを頂いた後に本登録のご案内を差し上げます
登録からお仕事のご紹介・就業までの流れ 登録からお仕事のご紹介・就業までの流れ
ページ上部へ

3Dソフト