[ Question / Title ]

『レイアウト(ペーパー空間)』って何?

無料CADトレーニングのお知らせ [ Answer ]
実寸で作図した人物とアリのイラスト…
▲図1 クリックすると拡大表示

AutoCADでは設計作業を行うモデル空間とモデル空間で設計した図面を印刷するためのレイアウトを作成(ページ設定)するペーパー空間(レイアウト)があります。モデル空間では図面を実寸で作成します。大きな図面は大きく作成し、小さな図面は小さく作成します。イラストで説明すると図のような関係になります。(図1)

このように実寸で作図したイラストをA3用紙にバランスよく、それぞれのイラストの表示倍率も指定してレイアウトを行えるのがペーパー空間(レイアウト)となります。


ペーパー空間(レイアウト)のページ設定…
▲図2 クリックすると拡大表示

ペーパー空間(レイアウト)では最初にページ設定を行います。用紙サイズはA3に、印刷尺度は1:1に指定します。(図2)


モデル空間で作図したイラストが用紙上に表示される…
▲図3 クリックすると拡大表示

イラストの廻りに矩形窓が見つかるかと思います。この矩形窓はビューポートと呼び、用紙の真ん中に穴を開け、そこからモデル空間に作図したイラストを覗き込んでいる状態となります。(図3)


ビューポートをふたつ作成し、それぞれのイラストの表示倍率を指定…
▲図4 クリックすると拡大表示

ビューポートは用紙の中に複数作成することができ、それぞれのビューポートごとにモデル空間で作図したイラストを指定倍率で表示することができます。(図4)

ペーパー空間(レイアウト)はひとつの図面ファイルの中に複数作成することができます。モデル空間で作成した図面をさまざまな表示倍率で、さまざまな視点で表示させることができるとても便利な機能となります。


AutoCAD / AutoCAD LT FAQ メニューへ戻る
※当社の稼働中スタッフ以外のCAD操作に関するご質問は受け付けておりません
CADセミナー・図面講習会のお知らせ 【学生歓迎!インターン・アルバイト】午前中や午後のみなど自由な時間で働けます!CADオペレーター 一般公募の仕事一覧




スタッフエントリー
クイックエントリーを頂いた後に本登録のご案内を差し上げます
登録からお仕事のご紹介・就業までの流れ 登録からお仕事のご紹介・就業までの流れ
ページ上部へ

3Dソフト