AutoCAD TIPS

※CAD操作に関して、当社の稼働中スタッフ以外のお電話やメールによるご質問は受け付けておりません

同じサイズの図面のはずなのに図面ごとに『グローバル線種尺度』『ハッチング尺度』が異なっている

[ Answer ]
対象バージョン:全バージョン


このような違いが見られる図面間では作図単位の違い、もしくはカスタマイズされた線種が使用されている可能性があります。

AutoCADは新規図面作成時に作図単位を“フィート/インチ”、“メートル”から選ぶことができます。作図単位の違いは図面作業中には違いに気が付くことはありませんが、線種やハッチング、また出力時に影響がでます。

■ 線種定義ファイル

■ ハッチングパターン定義ファイル


作図単位が異なると図面に適用される線種定義ファイル、ハッチング定義ファイルが異なります。定義ファイルが異なれば設定値が異なりますので当然ながら図面上での表示に影響が及びます。
設定値はそれぞれで25.4倍もの違いがあります。この25.4倍の違いがあるという事を念頭に置いてそれぞれの図面で設定すれば表面上の解決はできます。例えばフィート/インチ単位の図面でグローバル線種尺度を25.4に設定し、メートル単位の図面でグローバル線種尺度を1に設定します。適当な線種をロードしオブジェクトに設定すると双方の図面で線種の表現が同じに見えるはずです。
また、表面上だけでなく根本から同じ設定にしたい場合には作図単位を変換し各図面で作図単位を統一する必要があります。作図単位の変換(フィート/インチ⇔メートル)にはシステム変数[MEASUREMENT]でコントロールします。
システム変数の値を変更しただけでは図面上の表現は変わりません。作図単位を変換したらそれぞれの図面で線種・ハッチングファイルを再ロードして各設定を上書きし尺度の調整を行ってください。

■ システム変数[MEASUREMENT]

このような作図単位の違う図面が混在する理由に「他CADソフトの図面ファイルを利用」があります。他CADソフトで作成された図面をDWGやDXF図面形式に保存し、その図面をAutoCADで読み込むと作図単位が“フィート/インチ”で取り込まれることが多々あります。(保存する側のCADの仕様)
また、他CADソフトで作成された図面をAutoCADに読み込むとAutoCADが本来持っていない線種やハッチングが自動的に作成され図面内に含まれることがあります。(カスタム線種、カスタムハッチング)
一方の図面ファイルではAutoCADオリジナルの線種やハッチングを使用し、一方の図面ファイルではカスタマイズされた線種やハッチングを使用していた場合、上記説明にある対処方法では改善されないことがありますので注意ください。

<< AutoCAD TIPS メニュー

PAGE TOP