AutoCAD TIPS

※CAD操作に関して、当社の稼働中スタッフ以外のお電話やメールによるご質問は受け付けておりません

自動保存ファイルを図面ファイルとして使用したい

[ Answer ]
対象バージョン:全バージョン


AutoCADが何らかの理由で異常終了した際に自動保存ファイルから作業中の図面を復元することができます。自動保存ファイルはオプションダイアログ[開く/保存]タブ内にあるファイルの安全確保の項目にある「自動保存間隔」で指定した間隔で自動保存されます。


自動保存ファイルの格納場所はオプションダイアログ[ファイル]タブ内で確認することができます。自動保存ファイルの格納フォルダを開くとファイル拡張子“sv$”のファイルを見つけることができます。(見つからない場合にはWindowsのファイル検索機能を使ってください。)


自動保存ファイルのファイル拡張子“sv$”を“dwg”に変更すると図面ファイルとして利用することができます。
作業中には常に一定間隔で自動保存ファイルを作成してくれていますが、図面ファイルを正常に終了した場合『保険は自動的に解約』され自動保存ファイルは作成されません。つまり誤って作業中の図面ファイルを保存しないで閉じてしまった場合は作業的には異常は無かったという事で自動保存ファイルは作成されません。くれぐれも気を付けるようにしてください。

<< AutoCAD TIPS メニュー

PAGE TOP