[ Question / Title ]

ダイナミックブロック-直線状パラメータ・移動アクション

無料CADトレーニングのお知らせ [ Answer ]
対象バージョン
AutoCAD 2006~ / AutoCAD LT 2007~
ブロックオーサリングパレットから直線状パラメータを実行…
▲図1 クリックすると拡大表示

ブロックを挿入後に構成図形の一部のオブジェクトを移動させる方法として「点パラメータと移動アクション」の組み合わせを説明しましたが、今回は「直線状パラメータと移動アクション」を使います。

直線状パラメータは任意の距離を移動させるだけでなく、移動距離を指定(間隔を指定、またはリストから選択)することができます。

ブロックオーサリングパレットからのパラメータタブを展開し、直線状パラメータを選択します。(図1)


直線状パラメータを指定…
▲図2 クリックすると拡大表示

移動の基点となる位置に直線状パラメータを指定します。(図2)


移動アクションを実行…
▲図3 クリックすると拡大表示

ブロックオーサリングパレットからのアクションタブを展開し、移動アクションを選択します。(図3)


移動アクションを割り当てる…
▲図4 クリックすると拡大表示

関連付けさせたい直線状パラメータを選択し、アクションと関連付けるパラメータ点(赤い記号)として右側の点を指定します。続けて移動させるオブジェクトを選択します。(図4)


プロパティの変更…
▲図5 クリックすると拡大表示

直線状パラメータを選択し、プロパティパレットを開きます。値セットの項目にある距離タイプから「増分」を選択します。距離の増分には移動距離として「100」、最小距離には「0」、最大距離には「1000」と入力します。これによって移動距離に制限を与えることができます。(図5)


  • なし … 移動距離は自由に指定できます。
  • 増分 … 増分の値を指定、また最小・最大距離を指定することで移動を制御できます。
  • リスト … 移動距離をリストから選択させることができます。

パラメータ、およびアクション、プロパティの指定が済んだら状態を保存([ブロックを保存](BSAVE)コマンド)し、ブロックエディタを閉じて([エディタを閉じる](BCLOSE)コマンド)編集を終えます。


グリップをドラッグ…
▲図6 クリックすると拡大表示

図面内に挿入されたブロックを選択すると移動パラメータを指定した位置にグリップが表示されます。この点をドラッグすると対象のオブジェクトを一定の間隔で移動させることができます。また最大の移動距離1000以上は移動されません。(図6)



AutoCAD / AutoCAD LT FAQ メニューへ戻る
※当社の稼働中スタッフ以外のCAD操作に関するご質問は受け付けておりません
CADセミナー・図面講習会のお知らせ 【学生歓迎!インターン・アルバイト】午前中や午後のみなど自由な時間で働けます!CADオペレーター 一般公募の仕事一覧




スタッフエントリー
クイックエントリーを頂いた後に本登録のご案内を差し上げます
登録からお仕事のご紹介・就業までの流れ 登録からお仕事のご紹介・就業までの流れ
ページ上部へ

3Dソフト