[ Question / Title ]

ダイナミックブロック-ブロックエディタ

無料CADトレーニングのお知らせ [ Answer ]
対象バージョン
AutoCAD 2006~ / AutoCAD LT 2007~
ブロックエディタコマンドを実行…
▲図1 クリックすると拡大表示

[ダイナミックブロック]を使用するとブロック定義した図形の一部を伸縮させたり回転させたり、絵柄を別なものに変更したり、…といった様々な振る舞いを与えることができます。

ダイナミックブロックの作成はブロックエディタで行います。ホームリボンタブを展開しブロック リボンパネルに配置されている[ブロックエディタ](BEDIT)コマンドを実行(旧バージョンでは[ツール]メニューから[ブロックエディタ]を実行)します。(図1)


ブロックの名前を指定…
▲図2 クリックすると拡大表示

ブロック定義を編集ダイアログが開きます。作成するブロックの名前を入力し[OK]ボタンをクリックします。(図2)


編集画面…
▲図3 クリックすると拡大表示

作図ウィンドウがブロック専用の編集画面に切り替わります。ウィンドウの中央にはUCSカーソルが表示されており、その原点(挿入時の基点)を意識してブロック定義する絵柄を作成します。(図3)


ブロックオーサリングパレット…
▲図4 クリックすると拡大表示

ブロックエディタ内にはブロックオーサリングパレットが表示されています。このパレットにある[パラメータ]から適切なパラメータ(動作条件を与えるための情報)を指定し、実際に行わせる振る舞い(動作)を[アクション]から選択しオブジェクトに対して割り当てます。(図4)


パラメータとアクションの組み合わせ

アクションパラメータ
移動点、直線状、円形状、XY
尺度変更直線状、円形状、XY
ストレッチ点、直線状、円形状、XY
円形状ストレッチ円形状
回転回転
反転反転
配列複写直線状、円形状、XY
ルックアップルックアップ

ダイナミックブロックの動作を確認…
▲図5 クリックすると拡大表示

作成途中のブロックは[ブロックをテスト](BTESTBLOCK)コマンドで動作を確認することができます。(図5)


ブロックエディタを閉じる…
▲図6 クリックすると拡大表示

ブロックの作成が済んだら状態を保存([ブロックを保存](BSAVE)コマンド)し、ブロックエディタを閉じて([エディタを閉じる](BCLOSE)コマンド)編集を終えます。(図6)



AutoCAD / AutoCAD LT FAQ メニューへ戻る
※当社の稼働中スタッフ以外のCAD操作に関するご質問は受け付けておりません
CADセミナー・図面講習会のお知らせ 【学生歓迎!インターン・アルバイト】午前中や午後のみなど自由な時間で働けます!CADオペレーター 一般公募の仕事一覧




スタッフエントリー
クイックエントリーを頂いた後に本登録のご案内を差し上げます
登録からお仕事のご紹介・就業までの流れ 登録からお仕事のご紹介・就業までの流れ
ページ上部へ

3Dソフト